埼玉スタジアム2002
Photo  nowprinting
Address  さいたま市緑区中野田500  Tel 048-812-2002
 /  ⇒ Webサイト /  ⇒ Map /  ⇒ Access /
Club  浦和レッドダイヤモンズ / 大宮アルディージャ
Comment  2002W杯の開催地の1つ。アジア最大のサッカー専用スタジアムで、浦和レッズのホームスタジアム。まあ、大宮アルディージャも日本代表もたまに使います。駐車場の確保は慣れが必要です。最初は電車やバスの方が楽でしょう。電車ならば浦和美園駅。但し、日本で一番高い地下鉄なのでご注意を。初乗りなんと210円!

 都市化が認められていなかった見沼田んぼのど真ん中に最初に作ったため、最初はスタジアムの周辺には浦和美園駅以外、緑と田んぼと空き地しかない凄まじいロケーションでした。2006年になるとイオンショッピングモールだの、住宅地開発だのが始まり、ようやく新しい街作りが始まりました。毎年、実録版シムシティを見ているようです(笑)。

 このスタジアムは6万人規模のサッカー専用でセキュリティも考えられているため、ピッチはカシマや仙台、大宮と比べると若干遠いです。でも、専用なので基本的に見づらいということはないです。客席はメインとバックが二重構造になっていて、上層の更に上のほうの席に行くと戦術は分かりやすい反面、選手は豆粒となります。一方、下層であれば、ピッチレベルに近い感覚で見ることが出来ます。個人的に下層の客席か、上層の中段より前目の席がいいです。あとはゴール裏。ここなら上に行っても結構よく見えます。ゴール裏に行く限りは「応援」するために飛んで跳ねて大声出して欲しい!ですけどね。

 屋根はメインスタンドとバックスタンドであればついていますが、ゴール裏にはついていません。バックやメインでも前の方や端のほうでは雨を凌ぐのは厳しいです。一応、ゴール裏にも屋根をつける計画もあります。雨どうのこうのというよりも、声の反響を利用してより効果的なサポートが出来るようになるはずなので。浦和は埼玉県に働きかけをずっと行っているようですが、基礎工事などなかなか金額も張りそうですから実現はまだ先になりそうです。

 浦和のホームゲームでの埼玉スタジアムは、かなりの賑わいを見せます。指定席を買っている人でも試合開始直前に行くのではなく、ちょっと早めに向かってみてください。浦和美園駅からスタジアムまで歩くと道程の途中で埼玉高速鉄道が主催する屋台村があり、スタジアムに着けば、バーもあり、イベントもあり、スポンサーのキャンペーンもあります。もちろん、椅子と机も用意してあるので、そこで休むこともできます。逆に、大宮アルディージャ主催で行くと、なんか静けさがあって浦和主催とのギャップがちょっと楽しかったりも(悪趣味)。日本代表戦は人が多い割りに、浦和とは違って軽薄というか、一体感で楽しむという感じではないので、試合以外はあまり楽しみはないです。

 ココには、浦和のシーズンチケットホルダーな上に、大宮主催試合、代表戦、2002W杯(イングランド×スウェーデン)などでも何度となく来ていますが、サッカー専用が醸し出す空気とかはしっかりあって、好きなスタジアムです。浦和のホームスタジアムだから嫌いになるわけもないんですが。駄々をこねろと言われれば、プレミア並のピッチに近いスタジアムがイイ!とか、埼玉高速鉄道を武州鉄道(マニアック)と同じ路線じゃなく大宮に!とか、要望はあります(笑)。

 負けない浦和ホームの雰囲気を存分に味わえるのが、一番の醍醐味かもしれません。(こんなコメントが言えるようになるとは!)
← 戻る